情報事故は日常の業務で起こり得るもの。ビジネスパーソンの必須事項である機密情報の管理や、SNS利用時の注意点を学びます。

仕事上、欠かせないコミュニケーションツールとなっているEメール。一方で、文字のみで相手に伝える難易度の高さもあります。本講座では相手に配慮した文章を学びます。

ビジネスシーンのあらゆる場面で求められる論理的な表現力。講座を通じて、相手に納得してもらうための文章および口頭での伝え方の基本を理解することができます。

問題解決の理解にはじまり、問題の設定、分析、課題化、解決策抽出、実施までを学びます。また解決策実施後の結果から、問題解決に至るまでのプロセスを確認します。

仕事を効率的・効果的に進めるためには、事前の段取りが最も重要です。本講座では、仕事の計画を立てる際の重要な視点やポイントを学びます。

「5S」は「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の頭文字を取った言葉で、製造現場のスローガンであり「業務改善」のキーワードです。ここでは実践方法と習慣化について学びます。

発想したアイデアを形にしていく上で論理的な思考は欠かせません。本講座では、仮説検証(PLAN→DO→CHECK)と一般化(ACTION→SHARE)のポイントを学びます。

チームマネジメントを行う上で大切な中長期のビジョンやそれを実現するための進捗確認。それらをPDCA、KPI、チームビジョンの明確化をテーマに考えます。

外資系コンサルで、コンサルタントを教えるプロとして活躍をした清水先生が、社会人のアウトプットを高める資料作成法を伝授。まずは、表・グラフの効果的な使い方がわかります。

現代社会で働くにはストレスと上手く付き合うための対処法と、ストレスの少ない職場環境づくりが大切です。そのセルフケアの方法と、職場環境改善に必要な知識を学びます。

優秀な部下の存在は上司としては頼もしいと言えますが、特定個人に業務を依存するリスクや全体最適を考える必要もあります。本講座では、業務の標準化のヒントを学びます。

管理職に求められる組織に対しての理念浸透。理念浸透の意義から、具体的な浸透方法、他社事例などから自社の理念浸透のあり方を考えます。

プロの資料作成講座(1)と(2)で、文字・表・グラフ・図を効果的に使う技術を学びました。ここでは、説得力のあるメッセージとわかりやすいストーリーの作り方を学びます。

職場で抱えるさまざまなストレス…。 心と身体がストレスに蝕まれる前に、ストレスを適切に管理し、折れない心をつくるための思考法をこの講座で学びましょう。

ビジネスモデル構築は天才だけのものではない、と語るカール教授から、ビジネスモデル構築の基本を学びます。前編では、思考法から5つのフレームワークの理解が中心。

仕事の価値を高めるため、今あるサービスや商品、業務の改善のための講座です。「こう直したらいいな!」の視点で、改善アイデアを発案するためのポイントを学びます。
もっと表示する